モンスターカレンダー

« 2012年12月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2012年12月14日アーカイブ

 

私は今まで、いったい何人の女性の聖水を浴びたのだろう?

数えきれない程の綺麗な知人女性、デリヘル嬢、M性感店で聖水を体中にかけてもらい、また飲ませて頂いています。

 

一般的に私は変態の部類に入る人間だと思っています。

ただ私にとって綺麗な女性の聖水を全身に浴び、また飲み干す事は至福の時であり、私に幸運をもたらすカギなのです。

 

元々、私の性癖は一般的で俗にいう正常だと思っていました。

それが何故聖水フェチになったかというと、私は一人で温泉を巡り歩くのが大好きで、とある福岡の温泉に行った時の事でした。

 

その温泉は、ひなびた感じがとても良く何とも言えない独特の雰囲気を放っており、私の大好きな日本の温泉!といった感じでした。

 

その温泉のお風呂は混浴でしたが、山里離れたひなびた温泉ですので、あまり他のお客様も来ないだろうと思い、到着して早速お風呂に入ったところ、とても綺麗な女性が一人で入っていました。

私もその女性も初めはびっくりしましたが、旅路の恥は何とやらで、二人で世間話をしながら入っていました。

 

私はいつもお風呂に入りながら、日本酒を飲むのが好きで、その日も徳利とお猪口を持ってお風呂に行きました。

せっかく知り合ったのですから、一緒に飲みましょうと誘ったところ、その女性も気軽に承諾して頂き、二人で飲み始めたのです。

 

二人で飲むのは、一人の時よりも飲むペースが速く、私もその女性もほろ酔い気分になっていました。

お酒を飲むとどうしてもどうしてもお手洗いが近くなると思いますが、そのお風呂はお手洗いが少し離れた所にあり、その女性は私の前でおしっこをしてしまったのです。

 

ちょっとふらつき気味でしたので、寄り添って居ましたので、その女性のおしっこが私にかかってしまいました。

その時です、全身に電気が走ったような快感が体中を駆け巡ったのです。

私はその女性にお願いをして、私の全身におしっこをかけてもらいました。その時から私の聖水フェチが始まりました。

その後、綺麗な女性の聖水を浴びさせて頂いた後の商談は、何故か上手くいくようになったのです。

 

それからというもの、どうしても外せない商談の前には必ず綺麗な女性の聖水を浴びさせて頂いています。